☆ピースオブヘアー 赤松隆滋のブログ☆

ブログTOP ピースオブヘアー 訪問カットピース☆ スマイルカット NPO法人そらいろプロジェクト京都

☆気づき☆

昨日来られたお客さん。
足の悪いおばあちゃんです。
もう3年近いつきあいになります。

足が悪いことや、たびたび入院されることがあるらしく、来店周期は結構長い方です。
今回は8ヶ月ぶりのカットでした。

顔の小さな、かわいらしいおばあちゃん。
いつも笑顔で話しかけてくれます。

次いつ来れるかわからないとのことなので
オーダーはいつも「短く切って!!」
伸びきった髪を丁寧にカットしていき、かわいい前下がりのボブに!!

合わせ鏡で後ろの長さを確認してもらうと、ホント素敵な笑顔で喜んでくださる。
この仕事をしていての至福の時ですね。

カラーリングもきれいに入ったので、シャンプーで流します。

しかし、ウチのシャンプー器はおばあちゃんのサイズに合いにくいようで、姿勢がしんどそうです。
2年前よりも、腰が曲がられたのか最近は特にしんどそうです。

ネープがシャンプーボールに届かず上手に流せません。
でもカラーをしっかり流さないと…。

先日ご縁があって、移動式のシャンプー器を購入したのを思い出し、急きょシャンプー器を交換!!
おかげで何とかシャンプーが終了。

ばっちりブローもして、とても良い仕上がりだったと思います。

おばあちゃんは「あ~すっきりした。最高やわ~!」って何回も言ってくれます。

送迎について来てた娘さんは「いつもドライシャンプーしかしてあげれないから、よかったです。」と微笑んでくれました。

この時、僕はハッと気づきました。
今回の僕のシャンプーは、ただカラーを流しただけにすぎないと言うこと。
こんなシャンプーで喜んでもらってる自分がはずかしくなりました。

シャンプー器のサイズが合わなくたって、きっとベストな方法があると思います。
精一杯気持ちの良いシャンプーをしてあげようとするプロ根性は、そこにあったのだろうか?

見習いの頃、掃除とシャンプーしか出来ない僕は、誰にも負けないシャンプーを心がけてた。
「シャンプーは自分の仕事」って自負していた。
シャンプーしか出来ないんだから、手荒れが酷くなっても必死だった。
とにかく仕事が欲しかった見習い時代。

それが、カットやパーマが出来るようになって仕上がりばかり気にする自分がいました。
「初心忘れるべからず…」

今度おばあちゃんが来られるまでに、ベストなシャンプー方法を考えておこう!!
もっともっと喜んでもらえる仕事をしよう!!

これはおばあちゃんだけでなく、どのお客さんにも同じこと。
もっともっと喜んでもらえる仕事をしなくっちゃね☆

  1. 2008/06/13(金) 01:03:22|
  2. まじめな話☆
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

コメント

人生一生勉強

初心忘れるべからずとはよくゆうたもんやね!

その心意気が大事やと思う、気が付いてても実行できない人も多いから人生死ぬまで勉強やで!

ちなみにてらちゃん今御帰り、マイミクさんのお店で飲んでました。。。。

フジのあいのりのバンビちゃんのお店。。。

楽しかった~
やっぱりミーハーなんかな。。。。
  1. 2008/06/14(土) 01:35:26 |
  2. URL |
  3. 寺平兄貴 #-
  4. [ 編集]

寺平兄貴さん

人生死ぬまで勉強ですね!!
僕もバンビちゃんのお店で勉強したいっすよ(笑)
ミーハーですから☆
  1. 2008/06/14(土) 18:54:12 |
  2. URL |
  3. ピース☆ #TAtlYUkY
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://peaceofhair.blog52.fc2.com/tb.php/235-017b4863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)